英語スキルを武器に薬剤師として転職するには?

英語力を活かせる薬剤師の職場

当サイトでは、英語力が必要な薬剤師求人に関する情報を掲載しています。英語スキルを活かして転職したいとお考えの薬剤師さんは参考にして頂ければと思います。

英語力が必要な職種として、まず最初に挙げられるのは、外資系の製薬会社・医薬品メーカー・化粧品関連企業ですね。製薬会社において、海外製の薬剤を取り扱う場合がありますし、英語の内容を理解・把握する必要があります。

何より外資系ですから、本国に出張するケースもあるかもしれませんし、英語前提の採用も多いはずです。また新薬開発、薬事、学術においても英語力は大切になりますね。

他にホテルや空港内の調剤薬局・ドラッグストアでも、英語スキルを備えた薬剤師を募集しているケースが見られます。外国人が多い場所では、英語でのコミュニケーションが大切な条件と言えるでしょう。通訳が常駐しているケースもありますが、直接会話できる方が、採用する企業にとって重宝されると思います。

人材紹介会社の薬剤師求人では、東京、大阪、横浜、名古屋など、外国人が多い地域の募集が目に付くかもしれません。求人案件数は時期やタイミングによっても異なりますが、実際に調べてみた所、六本木や新宿の調剤薬局・ドラッグストアの募集が見られました。

外国の方にとっては、日本の薬=異国の薬ですから、しっかり説明する必要が生じてくるでしょう。その際、通訳に頼らず、英語に堪能な薬剤師が自らコミュニケーションを取ることで、利用者に安心を与えやすいですね。

薬剤師人材紹介会社を利用しましょう

英語力を活かせる薬剤師求人の数自体は、さほど多くありません。また都市圏以外では更に案件数が少ないと言えますが、同時にライバルも少ない募集なのではないでしょうか。
その場合、転職先のニーズを満たす英語スキルを備えていれば、比較的簡単に転職が決まりやすいとも言えます。

現状、薬剤師の転職事情はまだまだ恵まれています。人材紹介会社では、電話応対のみで、1週間以内に転職先が決まるケースもあり、スピード転職しやすい状況です。

しかし登録販売者制度や六年制薬剤師の存在など、将来的に更にスキルが求められる時代・状況が訪れると言われています。そのため、今後は薬剤師資格以外の武器(スキル)を磨く必要性が高まるのではないでしょうか。

もちろん英語力もその一つですね。

尚、実際に求人を探すには、薬剤師人材紹介会社の利用をオススメします。求人雑誌やハローワークと異なり、職場の詳しい情報まで教えてくれるのが魅力です。当サイトから最も良く利用されているのは、以下のエムスリーキャリアです。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら