臨床開発モニターには英語力が必要

新薬の開発では英語力を求められることが多い

当サイトでは、英語が活かせる薬剤師のお仕事をご紹介しています。

現在の日本の医療機関では英語力が重要視され、英語のスキルが高い人材を常に求めている医療機関が多いです。

なぜ、ここまで英語力が求められるかというと、日本の医療はアメリカや外国の技術・知識を多く取り入れています。医療の新しい情報はすべて英語で入ってきます。

そのため、英語をしっかり解読する能力が必要になるのです。

臨床開発モニターのお仕事も高い英語力が求められるお仕事のひとつです。

医療機関では、日々新薬の研究・開発が行われています。

新薬が市場にでるまでには、何度も治験を繰り返し新薬の効能・副作用・安全性を確かめなければいけません。

この新薬の治験が行われる時に臨床開発モニターの方が活躍をしています。

臨床開発モニターの仕事内容は、治験が適切に行われているのかを調査・確認をする事です。

新薬の開発段階では、英語力を求められることが多く、新薬の開発に携わる臨床開発モニターにはもちろん英語力が必要になります。

英語力に関してバックアップがあるか確認する

臨床開発モニターの求人を出している企業の多くが、英語力が高い人材を求めており、応募条件が『TOEICが600点〜700点を取得』している事や、『ビジネスレベルの英会話ができる方』を条件に出しています。

中には、『英語に抵抗を感じない方』や『英語を使って仕事をしたい方』といった応募がしやすい条件をだしている企業もあります。

臨床開発モニターを募集している企業の中には、企業内で英語力が上がる研修を実施している企業もあり、英語に関してバックアップがしっかりしている企業もありますので、求人を探す際にはこういった事もしっかり確認する事をおすすめします。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら